FC2ブログ

car美優な日々

小さな整備工場で働く愉快な仲間達の日常ですよぉ~

風邪予防

こんにちは

たけうちです。
巷ではコロナウイルスが流行していますね(つД`)

皆様も感染しないよう注意下さい|ω・`)

手洗い&うがいなど基本的な風邪予防で効果があるようです。
早く収束してくれるといいのですが...
スポンサーサイト



気になってますぅ~

最近、とても気になっている車があります。

その車は ↓
yaris.jpg

GRヤリス・・・・気になっている方居ますよねぇ~(#^.^#)

えっ、もしかして選考予約した方、居るのかなぁ(・・?

スペックから価格を考えたら、安いのかなぁ・・・・・

だけど、もう少し頑張ると、中古のシビックタイプRも買えそうな気もするし、

いや、待てよぉ~タイプRはFFだなぁ・・・・・それならR34も捨てがたいなぁ。

後からの ↓

yaris1.jpg

なかなか迫力もありますが、どうでしょうねぇ。

リヤのスポイラーはもっとデカくても良いともうのですが、僕だけでしょうか?

駆動系 ↓

yaris2.jpg

それと気になるのが、3気筒のエンジンってどうなんでしょうか?

4気筒の方が良かったような気もしますが、3気筒の方がトルクが稼げるのかもですね。

馬力は272PS 電子制御の4WD カーボンのルーフ・・・・・いやぁ、気になるなぁ(#^.^#)

だけど、GRスープラが21年モデルの発表があってパワーアップしましたよねぇ。

GRヤリスもすぐパワーアップしたりして(笑)

とりあえず春に試乗してみたいなと思っています。

new face! SUZUKI 新型ハスラー

フルモデルチェンジをした2代目新型ハスラーが
届きました

初代のまるっこい可愛らしさから比べると
カッコイイ風貌ですね!

ちなみに 今回仲間入りしたこちらのハスラーのグレードは
『HYBRID X 4WD』 デス。

ハスラー1
ハスラー2
01b5d728d90eb14fe805d3ddd14f42edb98971cad7.jpg
※納車されたばかりなので、保護カバー・シール類は剥がしていません01eb38daf205472e425ed0492fa523e974496d343c.jpg
※フロントビューは意外とあると便利!全方位モニターと見通しの悪い場所で人などが近づいてくると
お知らせする 左右確認サポート機能も前後に装備されていて素晴らしいです
01446b316b91ebe9a8ac86546fb187c9eb470d38dd.jpg
ナビも9インチディスプレイで、初代の7インチより約1.7倍! 斜めからの視認性もよく運転席からも
助手席からも見えやすく操作しやすくなっているそうです。





ハスラー3 セーフティサポート後退ああ

ハスラー3 セーフティサポート


ハスラー3 セーフティサポート後退

☝去年、初代ハスラーをマイカーにしましたが
初代には後退時ブレーキサポート機能が無く...
  
このサポートは今でも後付けできるなら、欲しいくらいです 
ホシイ...

2代目ハスラーも人気になりますね☆

 
新型ハスラーを気になった方は
お気軽にお問合せ下さい! 試乗も出来ます♪



新型ジムニーの試乗もお受けしております♪


プレジデントです。。

DSCN9845.jpg

今日は、見て頂いた方のなかには、懐かしい!! と、思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今では、なかなかのレアなお車になるでしょう、日産プレジデントです!旧車ですっ(*≧∪≦)

そんなプレジデントなのですが、部品の調達の難しいのも事実......

さて今回のご依頼は、

水温が上がらない。 フォグランプ電源の修理。 バックアラーム音がならなくなった。 シフトロックの解除ができなくなった。

回転数が高い。

 などです。

DSCN9811.jpg

まずは、水温のお悩みから......点検結果、サーモスタットが破損Σ(´Д`*)真ん中の弁は、どこいった!?

サーモスタットは、エンジン内部の冷却水温度を調整してくれるバルブでして

写真のように、真ん中が空洞になってしまうと、冷却水が常にエンジン内部を循環して、水温が上がらくなります。

逆に閉じたままになると、水温が上がり過ぎになりオーバーヒートしてしまいます。

つまりサーモスタットは、一定の温度を保つため、弁が閉じたり、開いたりしてる訳です。


DSCN9814.jpg
では、新品サーモスタットに、交換しようと思います。

DSCN9817.jpg
がっ!
ガスケットは、もう手に入らないってことで、作っちゃいます。

DSCN9821.jpg
組み上げていくっ! 


 
DSCN9836.jpg
ラジエター冷却水入口も破損しているので、ぱたぱたっと補修

ここが破損したままでは、ラジエターキャップを着けても水圧がかからなくなってしまいます。

DSCN9838.jpg
こんな感じで補修していきます。

最後にきれいに削り整えて

DSCN9839.jpg

はいっ!出来上がり
(」*´∇`)」

フォグランプの件は、すでに解決してますが、次回にアップしまーす。













インロック

皆様、明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!!

最近耳にしましたお話しが、気になったのでアップしました。

それは、「インロック」です。。

エンジンoff状態?で、車内に電子キー(インテリジェントキー)を置いといたら勝手にインロックしてしまった経験は、ございますか?

そんなことあったらとっても焦りますね((((;´・ω・`)))。。

通常は、車側が車内に電子キーがある事を認識しているので、そうそうない話しと僕は、思っていました

が、実は、結構多いようなのです。

理由は、多数考えられているようですが、原因の一つとしては、電子キー内のボタン電池の寿命による

車側の誤認と考えられているようです。

予防策としては、お車から離れるときは、電子キーお持ちになってから離れる事とと

電子キーの電池を1年に1回交換することを、おすすめします(=゚ω゚)ノ

それでも、ついなってしまうのがインロック......

そんなときは、迷わずお電話ください!!o(≧ω≦)o