car美優な日々

小さな整備工場で働く愉快な仲間達の日常ですよぉ~

2013年08月の記事

世界は広い

BMW745iのクーラント漏れ修理です。
ウォーターポンプ横のこの小さい穴からクーラントが漏れてきます。
その原因は右横のウォーターポンプ後ろのОリングの劣化によるシール不良
(内側にゴムが飛び出してます)
このゴムのОリングを交換しなければクーラント漏れは治らないのですがこれが大変
本来の修理だとエンジンを降ろさないとならないらしいです。


DSCF0766 (640x480)

そこで色々探してみたところアメリカにここの修理用交換パーツキットを販売している所を
見つけそこからパーツを入手する事になりました。
純正はアルミパイプの1本物、本来の取外し方法は前側のチェーンケースを外すのですが
今回はこのパイプを2分割に切って取外します。

DSCF0772 (640x480)

こんな感じにカットして取外します。

DSCF0794 (640x480)

外すとこんな感じにОリングがなってました。
これじゃ漏れるのも無理は無いですね。

DSCF0799 (640x480)

下の写真のこれがアメリカからお客様が輸入してくれた伸縮自在のパイプです。
純正のアルミパイプより美しくて丁寧な加工仕上げで驚きました。保証付きですし。
日本には無くてもアメリカではこんな物が普通に流通しているからやっぱり世界は広いです。
このパーツのおかげで普通50~70万円かかる修理が20万円もかからずに出来るのですから
差額で英会話でも習った方が良いかも知れませんね。

DSCF0802 (640x480)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。