car美優な日々

小さな整備工場で働く愉快な仲間達の日常ですよぉ~

2015年07月の記事

フォークシール交換

今回、数年ぶりのオートバイのフロントフォークのオイルシール交換をしました。
患者はこのバイク ↓
DSCF6096 (640x480)
GPZ900R、通称ニンジャ

これが外したフォーク
DSCF6097 (640x480)
トップキャップを緩め、中身の部品はこんな感じ。
DSCF6099 (640x480)
これがダストシール
DSCF6100 (640x480)
クリップの下にあるのが、オイルシールです。
DSCF6101 (640x480)
アウターチューブの下のボルトを外すと、こんな感じで外れます。
DSCF6102 (640x480)
右からダストシール、クリップ、オイルシールになります。
DSCF6103 (640x480)
この後は逆の手順で組んで、オイルを入れて、フォークをバイクに取り付けて終わりですが、
本当であれば、インナーチューブも交換したかったのですが、予算の関係で断念しました。

自分もこのバイクに乗っていましたが、最近はフルノーマルの状態で乗っている方は少ないですよね、
是非、大事に長く乗って頂きたいと思います(^_^)v



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。